カミソリ ムダ毛処理

カミソリやシェーバーを使ったムダ毛処理について

カミソリを使ったムダ毛処理は、最も手軽な方法のひとつです。毛抜きで1本1本抜くような痛みもなく、短い時間で広い範囲のムダ毛を処理できることがメリットです。
またカミソリはスーパーやドラッグストアなどで手軽に購入でき、価格も安いものであれば100円前後から販売されています。

管理人の場合は、
私が初めてカミソリで腕や足(脚)のムダ毛を剃ったのは小学校5年生のころでした。それまでもなんとなく他の女の子たちより自分のムダ毛が濃いことは気付いていて子供心に恥ずかしい気持ちが…続きを読む

 

カミソリでムダ毛処理をするメリット・デメリット

メリット
  • 自宅で手軽に行なえる。
  • 安く購入できる。
デメリット
  • 効果が持続せず、すぐ伸びる(頻繁にムダ毛処理をする必要がある)。
  • 処理後の毛の断面が広いため、ポツポツと黒く目立つ。
  • 肌を傷つけることがある。ばい菌が入ると化膿することがある。
  • 毎日剃ると、色素沈着を起こしやすくなる。
  • 乾燥しやすくなったり、かゆくなったりする
  • 毛穴が目立ちやすくなる。

 

カミソリを使った正しいムダ毛処理の方法

ムダ毛処理の際は、お肌を傷つけないように気をつけましょう。お肌への負担を避けるために注意したいことをまとめました。

 

  1. 清潔

    入浴して脱毛する部分の肌を清潔にします。

     

  2. 毛穴を開く

    お風呂の湯船に使って肌をあたためるか、ムダ毛を剃る部分に蒸しタオルを乗せて20〜30くらい肌を温めます。こうすることで毛穴を開き、ムダ毛も柔らかくなるので剃りやすくなります。(蒸しタオルの作り方:タオルを水で濡らして軽く絞ります。それを電子レンジで30〜40秒ほど温めます。ヤケドしないように気をつけましょう。)

     

  3. 剃る
    • いきなり剃るとお肌を傷つけてしまいます。カミソリで剃る前には、シェービング剤などを付けましょう。シェービング剤をつけることでカミソリの刃が滑らかにして肌への負担を軽くします。シェービング剤がない場合は、石鹸を手のひらで泡立てて付けてもよいでしょう。
    • ムダ毛の生え方を確認し、必要以上に力を入れずに軽いタッチで毛の流れに沿って剃ります。

  4. 確認

    膝のカーブした部分や脇、太ももの裏側など剃り残しが多いパーツなので、剃った後には剃り残しがないか確認しましょう。

     

  5. 処理後のお手入れ

    剃った後、シェービング剤や石鹸のついた部分は軽くすすいで流すかタオルできちんと拭き取りましょう。カミソリで剃った部分は敏感になっていますので、刺激の少ないローションや乳液でしっかり保湿しましょう。(カミソリで剃った直後に大衆浴場やプールなどへ入ったり、紫外線を浴びたりしないように気をつけましょう。また、使った後のカミソリはお風呂場などに放置せず、キレイに洗って水分を拭き取り、乾燥した場所で保管しましょう。

 

気をつけたいこと

■乾いた肌のまま剃らない!

 

■毎日剃らない!
カミソリでのムダ毛の処理の目安は、2週間に1〜2回程度が望ましいでしょう。すぐに毛が伸びるからといってムダ毛を毎日剃っている人がいますが、カミソリでのムダ毛処理は肌へのダメージが大きいので、色素沈着を起こしやすくなるので注意しましょう。(お手入れがラクになる方法は→コチラ

 

■自分の肌の調子を考えてから剃る!
ムダ毛は年中気になるものですが、生理前後や体調が悪いとき、寝不足、疲れているとき、バカンスで強い日差しをたくさん浴びたときなどは皮膚が敏感になっています。このようなときは無理に脱毛すると肌トラブルの元になりますので、肌を十分休ませてから処理しましょう。

 

■カミソリの刃を使いまわさない!
いくら家族であっても、剃ったところから感染症になる恐れもありますので、カミソリの使い回しはやめましょう。

 

 

疑問: 毛は剃るほどに濃くなるの!?

毛は剃るほどに濃くなるというウワサがありますが、それは正しくありません。剃った毛の断面が開くので毛が太くなったように見えてしまい、それで毛が濃くなったように見えるだけです。カミソリで剃っても毛深くなることはありません。

 

 

管理人の場合は、、

私が初めてカミソリで腕や足(脚)のムダ毛を剃ったのは小学校5年生のころでした。

 

それまでもなんとなく他の女の子たちより自分のムダ毛が濃いことは気付いていて子供心に恥ずかしい気持ちがありました。特に体育の時間に(当時はブルマというパンツのような体操着だったので)脚を出すのがイヤでイヤでたまりませんでした。

 

でも、どうしたらよいかもわからず、隠すこともできず、苦痛だけを感じていました。当時は親に相談することも友達に相談することもできませんでした。

 

それであるとき、お風呂でこっそりカミソリで足のムダ毛を剃ってみました。そのとき使ったのは、母がいつも顔の産毛剃りに使っていたカミソリ(T字タイプではない昔からある一枚刃)だったので、あちこち切って傷だらけ血だらけになってしまいました(苦笑)。母に見つからないように、こっそりオロナインを塗ったりしてました。

 

中高生のころはスーパーでT字のカミソリを見つけてお小遣いで買い、水泳の授業の前の日などはT字カミソリでワキや腕、足のムダ毛を剃ったものです。気をつけて剃ってもやはり肌を傷つけてしまい何箇所かよく血を流していました。そのときの傷は今でも残っています。

 

現在なら、もっと安全なカミソリが種類も多く発売されているのでいろいろ試してみるといいかもしれません。ただ、100円ショップのものなどは、剃ったあとの肌がヒリヒリしたり、赤くなったり、かゆくなったりする(私の場合)ので、肌が傷ついているのかもしれません。

 

価格帯もいろいろありますが、この間買った1000円前後のものは切れて血が出ることはありませんが、私は肌が弱いのか剃ったあとにヒリヒリ痒くなりました。

 

 

管理人の私がかゆくならず快適にムダ毛処理できた!その方法とは